渡船(磯釣り、波止釣り) 釣魚・期間グラフ 運賃表 貸切釣船 乗合い釣船 観光底引網
潮干狩り 徒手採捕 海水浴&キャンプ&バーベキュー 貸切船


渡船(磯釣り、波止釣り)

釣り人にとっちゃ〜、おそらくは日本一便利な渡船屋じゃと思うで。朝4時半から1人でも出航、その後も、18時半まで1時間間隔で出入港を繰返す渡船屋やこ、他の県じゃ〜考えられんじゃろ。そいに、運賃が安い。ほとんどの島が、2000円から2500円で往復できるね。勿論、1人でもよ。無料駐車場も十分なスペースがあるし、どんどん来て〜な。
 と、ここまで書いて宣伝しとけばええようなもんじゃけど、どうも納得がいかん。何でかな〜思うたらワシの気持ちが伝わってない。ほやから、もうちょっと書かしてもらいます。
 で、お客さんに対するワシの気持ちを一言で言うたら、『釣らしたげたい』じゃね。お客さんの中には、『釣れても釣れんでも、海を見とるだけで気持ちがエエがな』いう人もおられるんじゃけど、ワシにしてみりゃ〜、せっかく来てもろうとるわけじゃから、とにかく、釣らしたげたい。ワシ、自分でいうのも何じゃけど、そういう努力は惜しまんねぇ。その為に、朝のハヨウから1人でも出航するわけじゃし、採算が合わんような段取りの悪いコースを嬉々として走るねぇ。そいと、暇な時にはめんどくさい手間かけて備讃瀬戸全域の潮時表作ったり、こがなHP作ったりで、お客さんに役立つことは何でもやっとる。ほやからワシ、自分のことを日本一の渡船屋じゃと思うとるねぇ。釣り人の皆さんからもそう言われるように今後も頑張りますんで、よろしゅうお願いします。




ウチのスタッフじゃね。 この船で渡すでぇ!



釣魚・期間グラフ


運賃表

島名 及び 地名 基本運賃 一往復の最低運賃
 下津井漁港前一文字波止 1,000
 片原、吹上、田ノ浦、各一文字波止 1,500
 櫃石島、歩渡島、松島、長島、ウス石 2,000
六口島  柳の谷〜大岩〜東中〜金剛崎〜花壇〜長谷 2,000
 お茶屋ノ鼻〜一文字〜牛の首〜灯台、長谷西鼻〜クジラ石 2,500
 灯台丘〜北西浜〜海水浴場 2,500 5,000(2名以上)
 コシキ・大裸島・小裸島・岩黒島・羽佐島
 釜島(北中浜以東〜コチ埼は2名以上)・室木島
 高月・センスイ・雀ノ子島・向笠島・弁天島
2,500
 与島、小与島、鍋島、 3,000
 上濃地島、太濃地島、 3,000 6,000(2名以上)
 三つ子島、二ズラの磯、細濃地島、イサロ濃地島 3,500 7,000(2名以上)
本 島  新在家〜笠島港〜屋釜海水浴場 2,500
 亀山鼻クサビ石 3,000
 甲生港〜泊港〜小坂港〜カシノ鼻、屋釜西鼻〜大浦港 3,000 6,000(2名以上) 
 フクベ鼻〜福田波止〜尻浜〜生の浜〜カブラ崎〜黒鼻 3,000 9,000(3名以上) 
 小瀬居島、牛島 3,500 10,000(3名以上)
 広島、手島、小手島、網代諸島、沙弥島、大槌島、小槌島 3,500 21,000(6名以上)
 高見島、小島、佐柳島 3,500 28,000(8名以上)
 二面島(ふたおもて) 4,000 32,000(8名以上)
臨時便は原則500円の追加運賃が必要です。ただし、団体でご利用の方は通常運賃で臨時運航致しますのでお気軽にご相談下さい。なお、磯替わりには別途運賃が2,000円必要です。
 平成27年4月1日現在


貸切釣船
釣りは初めて言う人でも安心して楽しめるんがこれじゃが。めんどい事は全部、船頭さんがやってくれるね。後は釣り糸を垂らして釣るだけじゃが。対象魚は季節や潮や時間帯によって違うけど、船頭さんに任しときゃ〜、ちゃんと釣れるモンを釣らしてくれる。ほいで、米を持ってきてくれたら、船の上で炊いてくれて、釣った魚も料理してくれるんじゃけど、これがホンマにうまいね。楽しみにしとって〜な。
出航06:00(夏季)-06:30(冬季)〜帰航14:00頃
対象魚種   メバル、カサゴ、グチ、ニベ、イイダコ、アジ、イカやこじゃ。
用意するもの  昼食用の米、持帰り用クーラーボックス。
           竿で釣りたい方は自前で持ってきて〜な。
運   賃   4人様まで37,800円(税抜き35.000円)、1名様追加毎に5.000円+消費税じゃで(最多で10名までじゃけん)


乗合い釣船

すいませ〜ん!! 勝手じゃけど、当分の間乗合船は休止さしてもらいます。m(__)m
これを始めたときにゃ〜エエ船頭さんがおったんじゃけど、その船頭さんが死んでからこっち、どうもお客さんに迷惑をかけることがあるようになったね。そがな事になるぐらいじゃったら止めとった方がエエ。ホンマに申し訳ないことじゃけど、チャンとした体制が整うまでコラエちゃってください。m(__)m

船釣り大好き人間の皆さんに朗報じゃで。今までゃ〜、貸切船しかなかった本漁師の釣船が、一人からでも定額で出港してもらえるようになったね。エエで〜。各地に乗合船は多々あっても、何十年もその道で鍛えたプロが得意とするポイントに案内してくれて、おまけに、手ほどきまでしてくれるいうな〜ドコバリないで。これ、ワシが自信を持って皆さんにお薦めできる企画じゃけん、春秋のベストシ−ズンにゃ〜釣りにきて〜な。詳細は下記に書いとるけん。
出港時刻 1月〜4月が07:00 ・ 5月〜12月が06:00
帰港時刻 14:00
運   賃 6,000円
使用船舶 8〜9名乗りが常時6隻待機、運航できるで。
エ   サ イカナゴに限って船頭が用意できるで。(別途料金1,000円)
そ の 他 ・ トイレはないけど、島に寄港することはできるけん。
釣り竿、仕掛け、釣りエサ、弁当やこはお客さん持ちじゃで
・ オモリは15号から30号までありゃ〜エエで。
魚種別に気が付いた事〜書いてみたけん参考にしてな。
対象魚 釣れる時期 エサ 仕掛け 平均の釣果
メバル 通年(中潮〜大潮廻りがエエで) エビ
イカナゴ
胴突き メバル仕掛けの3本針 17〜25cmが10〜30匹
カサゴ 通年(小潮廻りがエエで) エビ
イカナゴ
胴突き カサゴ仕掛けの2本針 15〜25cmが10〜30匹
ア ジ 6月〜9月の中潮〜大潮廻りがエエで 疑似餌 サビキ ハリス2号、アジ針10号の6本針 30〜35cmが20〜30本
イイダコ 9月〜2月(11月〜正月前後に大漁、
   2月頃にゃ〜イイがよう入るで)
疑似餌 テンヤ 6分〜8分、
色はパールホワイトがええで
300パイ以上
ニ ベ 通年(4〜6月、9〜12月がエエで) 青虫 胴突き 40〜60cmが10〜15本、
多い人で30本位じゃな。


観光底引網

観光底引網船改1web.jpg (6213 バイト)

運航休止
仲間内で一杯飲みもって活きのエエうまいもん食いたい。ほやけど、釣りするんもめんどくさいし言う横着モンでも楽しめるんがこの底引網かな〜。年中、出漁できるけど、ベストシーズンは4月、5月と10月、11月じゃけん、その頃がお勧めじゃで。船頭さんは叶さんいうてウチの身内になる人じゃけど、ほとんど、この人にいってもらうね。親切な人で、万一の不漁に備えて前日には持ち帰り分は獲ってくれとるし、昼食に食べらしてくれるタコ飯はホンマにうまいで。

対象魚種   マダイ、チヌ、ヒラメ、カレイ、ゲタ、大ダコ、イイダコ
          ワタリガニ、石ガニ、カサゴ、ガラエビやこじゃ。
運   賃   8名まで68.250円(税抜き65,000円)、1名追加毎に5.250円(税抜き5,000円)増し(最多で10名までじゃ)

潮干狩り

潮干狩りno.2wed.gif (27019 バイト)



潮干狩り結果NO.2.gif (30065 バイト)
“天然物じゃで。”イヤー、よう電話があるねぇがな、養殖モンを撒いとんのか言うて。ほやから最初に言うときますけど、下津井沖のアサリは全部天然モンじゃね。ベストシズンは3〜6月で、この頃のが、いっぱい身が詰まっとる。ただな、いつでも掘れるいうもんでもないねぇがな。よう下がる潮の中潮から大潮で、夕方の干潮前後に掘ったらようけ取れるね。ま〜、詳しいことはウチへ問い合わせて。ほいとな、冬の潮干狩りもあるんで。こっちは、タイラギ貝いうのを掘るんじゃけど、11月から2月にかけて、朝の暗い内から、やっぱり大潮の干潮に掘るんじゃが。
運   賃   1名様3.000〜3.500円(10名以上は団体割引があるで。2隻で80名まで同時に運べるで)

 詳しくは、ここをクリック!


徒手採捕

( サザエ ・ アワビ ・ ワカメ )

わかめHP用1wed.gif (27261 バイト)

ワカメ刈りの帰港後(1人 70〜100s)

徒手採捕いうたら聞き慣れん言葉じゃけど、ようするに、海岸沿いを歩きもって色んな海のモンをとっていくことじゃね。ただな、潮位が低い時じゃないとおえんで。

ワカメ刈り
2月初旬の早朝、大潮の干潮から刈れるようになるで。この頃から新芽が生え初めるんじゃけど、これが柔らこうてホンマ美味しいね。量は少ないけど食べるんなら2月のワカメがお薦めじゃで。ほいで、量を採るんなら2月下旬から4月にかけてがエエで。だいたい3〜4時間で全員が一人砂袋6個分も採っとんね。そがによけ〜どうすんか思うけど、ミンナにあげたら喜ばれるからいうことらしい。中にゃ〜、毎年、九州の知合いに送ったげにゃおえんいう天命を悟って ? 汗〜かいとる人もおんね。ワカメやか〜海のあるトコならどこにでもあろ〜にと思うけど、その人が言うにゃ〜やっぱり下津井で採れたモンが一番うまいんじゃて。ほいで、あげたワカメはいずれ野菜や果物に素敵な変身を遂げて返ってくるけん元も十二分に取れるいうことじゃな。昔、『三方一両損』いう言葉が流行っとったけど、ワカメ採りゃ〜『三方一両得』になんね〜がな。勿論、その一方は渡船屋じゃね。(^O^) 
ま〜、好きな魚釣りして1人で楽しむんもエエけど、たまにゃ〜、まわりのモンにうまいもん食わしたげるんもエエんじゃないか思いますんで、その気になったら連絡して〜な。

サザエ拾い
サザエ拾い言うな〜干潮前後に出てきた岩礁地帯の溝や穴の中に入っとるサザエを探して拾うていくことじゃね。ほやから、干潮位が低い時ほど有利じゃね。何でいうて潮位が普段より下がるいうこた〜人が歩いとらんいうことじゃし、その分、獲物が多いいうことじゃが。おまけに、見慣れてくりゃ〜アワビを見つけることも出来るね。せっかく海の幸が転がっとんじゃから、これをほっとく手はないで。
「先んずれば制す」、同じ取るなら人よりハヨう行った方が大きいのが取れるし数も拾える。時期は10月初旬から翌年の2月頃までの早朝が拾いやすいけど、サザエだけで早起きするな〜大儀ないうことならメバル釣りやチヌ釣り、ルアーやこと兼ねてやってもエエで。、そいと、夏なら海水浴やバーベキューと兼ねて潜って取ってもエエで。
用意するもの

ヘッドランプ、胴長ブーツ、スパイクシューズ、手袋、収穫物をいれる物。道具(サザエは引っ掻き棒、アワビはへら、ワカメは鎌)やこ

運   賃   1名様2.500〜3.000円

 

海水浴&キャンプ&バーベキュー

六口の海水浴場に本島の泊と屋釜の海水浴場やこをはじめとして、櫃石島に釜島、小与島、長島、向島やこ、船が走れりゃ〜無人島じゃろうがナンじゃろうが、どこでも行くで。釣りを兼ねたら面白さも一段とup!! キレイな砂浜で思いっきり楽しめるでo(≧▽≦)o
運   賃   1名様2.500〜3.000円 (大人5名様以上は団体割引きがあるで!)

貸切船

島を調査、周遊する場合や長距離を釣行遠征する場合やこ、航行距離と所要時間によっちゃ〜貸切船として運航しとるね。思い出しゃ〜、ワシもいろんなトコ行ったで。三重県の鳥羽周辺や英虞湾、和歌山の串本あたりは別として、瀬戸内じゃ〜東は神戸港から飾磨港、淡路島の福良港、日生に牛窓、小豆島全周、岡山港から京橋まで上って花火見物とシャレこんだこともあるし、四国側は志度や庵治諸島、男木島、女木島もちょくちょく走る。西は、広島、手島、小手島、佐柳島、小島、高見島、二面島、志々島、粟島は勿論、笠岡沖の高島、白石島、北木島、問島、真鍋島、大島、茂床島、大飛島、小飛島、土生島、六島に三埼の御幸石。もうちょい航って伊吹島、股島、小股島、円上島東にあるオンゴー岩、さらに航って江ノ島、魚島、瓢箪島。高井神島を一つとばして豊島も行ったことがある。広島県側は、福山港に鞆港、仙酔島、走島、宇治島、阿伏兎から沼隈の千年港に尾道港に三原港、因島の土生港に弓削、生名、岩城、生口島の各港、そいと、津波島、鵜ノ糞島、伯方島、鵜島、大島、四坂島、今治港、大三島、大久野島、三つ子島、肥島、大下島、小大下島、岡村島、大崎下島。ずっと下って、宇品港や厳島に江田島、松山の三津浜にも何度も行ったし、そうかと思や〜、大水無瀬、小水無瀬でジギングして遊んだこともある。
最近は、GPSが普及して遠走りするんも楽になったけど、昔はそんなモン付けてなかったから、よう海図とニラメッコしもって頑張ったモンじゃで。その甲斐あって、今じゃ〜大概のところは海図なしでも走れるようになったが。忙しい時期には受けられんケースもあるけど、聞くのはタダじゃけん、問い合わしてみて〜な。。
運   賃   応談